[Trip Reports] SQ326 Singapore-Frankfurt (08/2014)

SQ11でシンガポールに到着の後、SQ326フランクフルト行きへ乗り継ぐ。

[Trip Reports]
Flight : Singapore-Frankfurt (08/2014)
Ship : Boeing777-312ER 9V-SWG

乗り継ぎ時間が6時間以上あるため、乗り継ぎの乗客に配布される20SGDのバウチャーを利用してアンバサダー・トランジットラウンジにて一休み。こちらのラウンジはシャワーと軽食の提供はあるが、アルコールの提供はない。

食事の例。


搭乗時刻が近づいてきたので搭乗ゲートへ。手荷物検査を受け、搭乗エリアにて出発を待つ。

フランクフルトまでの長旅を担当するBoeing777-300ER(9V-SWG)。

9V-SWGは2017年4月現在も客室改修が行われておらず、全クラス2006年仕様の座席のままとなっている。

搭乗案内の後、機内へ。

すぐに温かいおしぼりのサービスが行われる。

SQ326は日中の時間帯では最後にヨーロッパへ向かう便であるが、この時間帯は東南アジアや南アジアの主要都市へ向かう便の出発ラッシュでもある。

機体はRWY02Lより離陸。機首を北西へ向け、ヨーロッパへの長旅が始まる。


機内食のメニューカード、アメニティキットの配布が行われた後、ドリンクサービス。

ドリンクはジンジャーエールを選択。搭乗率があまり高くなかったせいかスナックが余っていたようで、2つもらうことができた。

当時、IFEのマップはまだ旧式のままだった。2017年現在、当機もA380と同じデザインのものへ更新されている。


しばらくすると昼食のサービス。洋食、中華、タイ風メニューの3種類から、洋食を選択。

[Menu]
appetiser : Penne pasta with chicken
main course : Panfried fillet of fish in chunky tomato-herb sauce, red capsicum, carrots, kenya beans and steamed potatoes
cheese : Cheese and crackers
dessert : Ice cream
from the bakery : Roll and butter
beverages : Ginger Ale and Coffee

メイン。

前菜。

デザートのアイスクリーム。

昼食サービスの後は、免税品販売が行われて照明を落とされる。

時差の関係でフランクフルトまで外は明るい時間帯が続くため、起きている乗客は多い。


スナックのリンゴ。

離陸後6時間ほどでインドを過ぎ、中東の上空に差し掛かる。外はひたすら砂漠地帯が続く。


7時間ほどでイラン上空へ。

ここで軽食のサービス。中華または洋食の2種類から洋食を選択。

[Menu]
appetiser : Potato salad with ham
main course : Penne marinara
dessert : Lemon curd cake
from the bakery : Roll and butter
beverages : Whiskey with Soda and Coffee

メイン。

前菜とデザート。

外は相変わらず砂漠が続く。

中央アジアのアゼルバイジャンを過ぎて、トルコへ差し掛かる。


エアショーの画面は英語と併せてドイツ語でも表示される。


トルコを過ぎてルーマニアへ。ヨーロッパ大陸に入る。

スナックのサンドウィッチ(Savoury sandwich)。

11時間ほどのフライトを終え、機体はフランクフルト空港へ向け降下を開始する。

機体は定刻にRWY25Lへ着陸。ターミナルへ向けてタキシング。


新設された増設の滑走路(RWY25R)へ着陸した、北京発のエアチャイナ機と合流。


羽田への折り返し準備中のANA機を横目に見ながら到着ゲートへタキシング。

機体はほぼ定刻にゲートへ到着した。

コメント

このブログの人気の投稿

[Trip Reports] SQ635 Haneda-Singapore (02/2016)

[Trip Reports] SQ632 Singapore-Haneda (02/2016)

シンガポール航空の新造機材が来日