投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

[Trip Reports] NH1009 New York-Narita (11/2014)

イメージ
[Trip Reports]
Flight : NH1009 New York-Narita (11/2014)
Aircraft : Boeing777-381ER JA733A

ニューヨークからの復路便。

チェックインのためスカイトレインでターミナル5へ。車内から撮影した画像を。

いつも利用しているシンガポール航空は、フランクフルトを経由してこちらへ飛来する。ANAを除くスターアライアンス加盟の航空会社はこのターミナル4発着。機材のA380はアッパーデッキが全席ビジネスクラスの機材で、シンガポール~成田~ロサンゼルス便との共通運用。

ブエノスアイレスからこちらへ飛来するアエロライン・アルゼンチン航空。スカイチーム加盟だが、ANAと同じターミナル5発着。日本へは未就航。

ターミナル5に到着。

チェックイン業務もブリティッシュ・エアウェイズの職員が担当。第三国で、しかもライバルのアライアンスに加盟する会社がハンドリングするという珍しい形態をとっている。

中国以外の海外拠点が貧弱なのはANAの大きな弱点である。

チェックインと厳しい手荷物検査を終えてラウンジへ。当然(?)ながらラウンジもブリティッシュ・エアウェイズのものを指定される。

ラウンジはANAの制服を着た職員が1名だけ配置されており、そこで受付を済ませると、コンビニに売ってあるタイプのおにぎりとインスタントの味噌汁を配布される。

ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジはアルコール類が充実している。特にビールは種類が豊富で、海外ビール好きな日本人にはおススメ。

こちらは地元、ニューヨークのブルックリンビール。

大好きなシンガポールのタイガービールもちゃんと置いてあった。

メロンジュースとサンドイッチ。

その後、受付でもらったおにぎりと味噌汁、緑茶を頂く。

最後にミントティー。

もちろんWifiは無料。

復路も夜便なので、ラウンジを出る前にシャワーでリフレッシュ。あまりシャワーを使う人はいないようで、使う人もほとんどがANA便を利用する日本人ばかりのようだった。

こちらのラウンジのシャワーはアメリカの典型的な安宿のようで、あまり綺麗ではなかった。




搭乗時刻が近づいてきたのでゲートへ移動。画像のマドリード行きイベリア航空機の奥に、これから搭乗する機材が駐機する。

搭乗口。典型的なアメリカの空港らしいつくりになっている…