投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

[Trip Reports] SQ632 Singapore-Haneda (02/2016)

イメージ
[Trip Reports]
Flight : SQ632 Singapore-Haneda (02/2016)

Aircraft : Boeing777-312ER 9V-SWQ

SG Airshow 2016 見学の復路から。

今回の搭乗便はSQ632便。

この便は出発時刻が早く、始発電車のダイヤが遅い日祝日にシンガポール都心からSMRTで空港へ向かうと、空港へはギリギリの到着となる。そのため、今回はラウンジの利用は見送ることとなった。

チェックイン、出国審査を終えて搭乗ゲートへ。既に保安検査待ちの長い列ができている。

担当の機材は9V-SWQ。

当ブログではおなじみ、長距離路線用のBoeing777-300ER。この機材は機材戦略見直しの過渡期にあたっており
・2006年モデル
・2013年モデル
・2013年モデル(プレミアムエコノミー席設置)
の3種類の客室仕様の機材が混在している。

日本路線では羽田便のSQ632、633と成田便のSQ638、637にBoeing777-300ERが投入されているが、基本的に羽田便へ2006年モデルの客室仕様機材、成田便へ2013年モデルの客室仕様機材が投入されている。(2016年2月現在)

9V-SWQは2016年2月現在、2006年モデルの客室仕様であるが、2016年3月に重整備と客室改修が行われ、2013年モデル(プレミアムエコノミー席設置)の客室仕様へ改修される予定となっている。

なお、2013年より順次行われているWifi機材の設置作業について、9V-SWQはA380型機と同じOnAirの機材が既に設置されており、Wifiサービスが行われている。

搭乗。

機体はこの日の早朝にイタリアのミラノから戻ってきたばかり。夜通し飛行していたため、自席の窓は未だ結露していた。

IFEのクリスワールドスタート画面。

Wifi機材設置時にナビゲーションマップのソフトウェア更新が行われ、A380型機と同じデザインになった。

出発前の点検で油圧系統の調子が良くないことが発覚。動作チェックを行うため、出発が40分遅れることがアナウンスされた。

自席が主翼の真上だったので、動作チェックを観察することができた。パイロットはフラップ、スラット、スポイラー(スピードブレーキ)の順番で何度もフル展開してコクピットの油圧表示をチェックしていた。

フ…

[Trip Reports] SQ635 Haneda-Singapore (02/2016)

イメージ
[Trip Reports]
Flight : SQ635 Haneda-Singapore (02/2016)

Aircraft : Boeing777-312 9V-SYG

2016年最初の海外渡航記録。SG Airshow 2016 見学のためシンガポールへ。

今回の搭乗便はSQ635便。

いつもの羽田Aチェックインカウンター。

搭乗券。
シンガポール航空は昨年(2015年)7月以来だが、デザインが簡素なものへ変更された。

2015年4月よりKrisFlyer EliteGoldメンバーのため、ラウンジが使えるようになった。

この日も早めにチェックインしてANAラウンジへ。夜行便のためシャワーを利用しようとしたが順番待ち。フードコートなどでよく見かける端末(画像参照)を渡され、ラウンジ内で待っていると10分ほどで順番が回ってきた。

ラウンジにて夕食。ANAラウンジに限らず、航空会社ラウンジの食事はカフェテリア形式が基本。深夜便、夜行便の利用客が多い羽田のANAラウンジでは夕食時間帯には専用のメニューが提供される。この日の夕食メニューはこちら。



デザート。

出発時刻になったのでラウンジを後にして搭乗ゲートへ。出発は南側にある108ゲート。

SQ635便は、路線開設時からずっとこのゲートを使用している。108Aがファーストクラス、ビジネスクラス用、108Bがエコノミークラス用。KrisFlyer EliteGoldメンバーは優先搭乗となるが、エコノミー利用の場合は108Bゲートより搭乗。


搭乗。

担当の機材は9V-SYG。シンガポール航空の機材の中では古参のBoeing777-300。

欧米への長距離路線で使用されているBoeing777-300ERとは異なり、1998年よりアジア域内の近、中距離路線で活躍する機材で、シンガポール航空ではBoeing777-300R (Refitted)と呼ばれている。同型の最初の5機(9V-SYA~SYE)は既に退役。このレイクドウイングチップ無しのBoeing777は珍しくなった。

内装。

この機材は2012年に客室改修が行われている。ファーストクラス、ビジネスクラスは座席が新品に交換され、エコノミークラスは座席のモケットが交換された。あくまで座席は導入当初のままなのでさすがに古さは否めない。モニタが年式を感じさせる。


温かいお…