[Trip Reports] NH201 Narita-London (10/2013)

こちらもだいぶ昔の記事ですが、昨年秋(2013年10月)に搭乗したANA国際線の搭乗記録を。

注)このフライトは2013年秋の時点でのもので、現在は運航されておりません。ANAの東京~ロンドン便は、2014年4月に東京側の発着空港が羽田空港へ、2014年6月にはロンドン側の発着空港であるヒースロー空港の発着ターミナルは、ターミナル3からターミナル2(Queen's Terminal)に変更となりました。

ではフライトの様子を。

[Trip Reports]
Flight : NH201 Narita-London (10/2013)

Ship : Boeing777-381ER JA787A

NH201は成田空港を11:30に出発する。出発ゲートは第1ターミナル南ウイングの56番ゲート。


ゲートでは本日の搭乗機、JA787Aが出発準備中。


やがて搭乗案内があり、機内へ。

搭乗時のIFE画面。ANAでは2013年9月よりロゴのマイナーチェンジが行われたため、画面もANAロゴの横にInspiration of JAPANタグがつくようになった。


こちらがシート。

この機材はリクライニングをしても背もたれが倒れないFixed Back シートを採用しているが、エコノミークラスの収益性アップのため、長距離国際線用のBoeing787-8全機材とBoeing777-300ERの一部(JA783A)は国内線用の新シートと同様のシートへ変更され増席されている。


成田の天候はご覧の通り。非常に悪く、視程もかなり低かった。


機体は空港周辺の混雑のため、約1時間後の12時30分にRWY34Lより離陸。そのまま機首を北へ。まずは日本海を目指す。


上昇中もご覧のとおりで、厚い雲の中を進む。


離陸後1時間でドリンクサービスがスタート。ANAオリジナルの香るかぼすカクテル(かぼすジュースとジンのカクテル)を選択。


機体はようやく雲を出る。


ANAでは機内食のメニュー表は配られないが、このように座席のモニターで確認することができる。


機体は日本領空を抜けてロシアへ。


機外カメラからは前景を確認できる。


ここで昼食。ラミネート加工のメニューカードでメニューを確認し、希望するメニューを申告する。


昼食。ドリンクは白ワインを選択。


洋食を選択。メニューは白身魚のサフラントマトソース、バターライス添え。


デザートはハーゲンダッツのアイスクリーム。


昼食が終わる頃にはシベリアの東端を飛行。


5時間ほど飛行した段階。


日本時間ではとっくに日没しているが、時差の影響で西日が差している。


到着2時間前には軽食。ドリンクはスプライトを選択。

 

洋食を選択。メインはチキンのトマト煮。


機体はすでに欧州を飛行中。ロンドンはすぐそこへ。


機内アナウンスが行われると座席のモニターにはこのように注意喚起画面が表示される。


機体は欧州大陸を抜けて英国領空へ。


下界は厚い雲に覆われている。


降下を開始。すぐに厚い雲に突入し、激しく揺れ始める。


この日のヒースロー空港は悪天候による離発着規制がかかっており、カンタベリー近郊の上空で約30分程度上空待機を強いられた。


着陸の順番が回ってきたので、雲の間を抜けながら再び急ピッチで降下開始。


機体は出発時の混雑と到着地の悪天候により、結局1時間ほどの遅れでRWY27Rへ着陸。長めのタキシングでヒースロー空港ターミナル3へ到着した。

コメント

このブログの人気の投稿

[Trip Reports] SQ632 Singapore-Haneda (02/2016)

[Trip Reports] SQ635 Haneda-Singapore (02/2016)

シンガポール航空の新造機材が来日