Spotting at Haneda (12,13/04/2014) Vol.1

東南アジア・欧州方面の中・長距離国際線の昼間運航が開始された2014年4月12日、13日の羽田空港国際線ターミナルから。
 
[Singapore Airlines AirbusA330-300 9V-STG]
早朝の羽田へ降り立つシンガポール航空。2014年夏ダイヤより早朝の便の出発時刻を繰り下げ。関東圏であれば公共交通機関の始発を利用すると間に合う時間帯になった。
 
 
[Singapore Airlines AirbusA330-300 9V-STJ]
こちらは夕方出発の便。弊ブログでは既に触れている通り、シンガポール航空では2014年夏ダイヤより羽田便を1往復増便。羽田~シンガポール路線は1日3往復の運航となった。
 
 
[Thai Airways International Boeing747-400 HS-TGR]
2014年夏ダイヤより昼間運航便を開設したタイ航空。旺盛な需要に応えて、午前便、深夜便ともに写真のBoeing747-400で運航される。
 
 
[Philippine Airlines Boeing777-300ER RP-C7774]
2014年夏ダイヤより羽田乗り入れを果たしたフィリピン航空。こちらも旺盛な需要に応えて大型機での運航を行う。写真は5月までの期間限定で運航のBoeing777-300ER。
 
違和感満載のこの風景。1年前、これを羽田で見ることができると誰が予想できただろうか...
 
 
[Philippine Airlines AirbusA340-300 RP-C3437]
こちらは上記のBoeing777-300ERが運行されない日に飛来するAirbusA340-300。城南島で撮影。
 
 
[Korean Air Boeing777-200ER HL7531]
大韓航空のソウル(金浦)路線も機材大型化。早朝は写真のBoeing777-200ERが活躍。需要の落ち込みで、成田ではしばらく見かけなかった機材で、久しぶりに撮影することができた。
 
 
[Korean Air Boeing777-300 HL7532]
昼便はさらに大型のBoeing777-300。かつてはBoeing747-400が活躍していたが2013年冬スケジュールからBoeing777へ変更された。
 
 
[Hongkong Express AirbusA320-200 B-LPG]
深夜時間帯の運航から早朝へ移された香港エクスプレスのA320。香港エクスプレスは昨年冬ダイヤで羽田へ初就航した、香港航空系のLCC。
 
 
[Cathay Pacific Boeing747-400 B-HOR]
キャセイパシフィックは羽田便の堅調な利用実績に応え、2014年夏ダイヤから1日2便をB747-400で運航する。
 
 
[Air France Boeing777-200ER F-GSPZ]
2014年夏ダイヤで羽田へ乗り入れを果たしたエールフランス。早朝便は週3日の運航で写真のBoeing777-200ERが担当。エールフランスは主に拡張されたサテライト部の出発ゲートを使用する。
エールフランスのBoeing777-200ERといえば、現在新客室への改修が順次進められている。ビジネス需要はあまり強くない東京便であるが、いずれは羽田便へも改修済みの機材が投入されることになるだろう。
 
 
[Air France Boeing777-300ER F-GSQU]
2014年夏ダイヤで成田より移管されたエールフランスのスターウイング。欧州便で日本を夜に出発するスケジュールで飛んだのはエールフランスが初めてで、その便も羽田へ移管された。
 
こちらは、引き続き毎日運航で、機材もBoeing777-300ERが継続して使用される。
 

[Lufthansa AirbusA340-600 D-AIHN]
エールフランスとともに2014年夏ダイヤより羽田へ就航したルフトハンザ。ミュンヘン路線を成田から移管し、フランクフルト路線を新規に開設した。
 
写真はミュンヘンから到着したAirbusA340-600。
 
[Lufthansa Boeing747-400 D-AIVW]
こちらは、フランクフルトからD滑走路に着陸後、長いタキシングを経て到着したルフトハンザ航空のBoeing747-400。

フランクフルト便は成田便と羽田便の2便が毎日運航され、機材はどちらもBoeing747-400が使用される。成田便は、現在関西空港経由での運航となっているが、7月に直行便へ戻されることになっている。また、供給過剰となるために昨年夏ダイヤまで運航されていたAirbusA380は日本路線から事実上撤退することになった。
 
 
[British Airways Boeing777-200ER G-YMMG]
シンガポール航空同様に、2014年夏ダイヤより出発時間を繰り下げたブリティッシュ・エアウェイズ。引き続き、羽田便はBoeing777-200ER、成田便はBoeing777-300ERでの運航が継続される。
 
 
次回は日系エアラインの機材を紹介。お楽しみに。

コメント

このブログの人気の投稿

[Trip Reports] SQ635 Haneda-Singapore (02/2016)

[Trip Reports] SQ632 Singapore-Haneda (02/2016)

シンガポール航空の新造機材が来日