2014年夏スケジュール情報 Vol.1

しばらく投稿が滞っており申し訳ございません。

既にさまざまな形で報道されていますが、2014年3月25日からの夏スケジュール移行に際し、羽田空港国際線の昼間発着枠が大幅に追加される関係で、欧州路線を中心に羽田・成田路線ともに大幅なスケジュール変更が予定されています。

興味深いスケジュール路線変更も多数ありますので、本日より少しずつ追っていきたいと思います。

1. All Nippon Airways

今回のスケジュール変更で最も変わるのはANAの国際線で、欧州路線を中心に大幅なスケジュール変更が行われます。便名も変わるので非常に分かりにくくややこしい内容になっています。

【羽田空港発着】

・羽田~ロンドン路線 (2014年3月30日運航開始)
NH277 羽田(11:30)→ロンドン(16:00) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER
NH278 ロンドン(19:35)→羽田(15:15+1) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER
 

・羽田~パリ路線 (2014年3月30日運航開始)
NH215 羽田(10:25)→パリ(15:45) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER
NH216 パリ(21:10)→羽田(16:00+1) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER

・羽田~フランクフルト路線 (2014年3月30日より増便と発着時間変更)
NH203 羽田(01:00)→フランクフルト(06:10) 毎日運航 機材:Boeing787-8
NH223 羽田(11:25)→フランクフルト(16:35) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER
NH204 フランクフルト(12:00)→羽田(06:25+1) 毎日運航 機材:Boeing787-8
NH224 フランクフルト(20:45)→羽田(14:55+1) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER

・羽田~ミュンヘン路線 (2014年3月30日運航開始)
NH275 羽田(12:35)→ミュンヘン(17:20) 毎日運航 機材:Boeing787-8
NH276 ミュンヘン(21:25)→羽田(15:50+1) 毎日運航 機材:Boeing787-8

・羽田~バンクーバー路線 (2014年3月30日運航開始)
NH116 羽田(21:55)→バンクーバー(14:55) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER
NH115 バンクーバー(16:55)→羽田(19:05+1) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER

・羽田~ジャカルタ路線 (2014年3月30日運航開始)
NH855 羽田(10:05)→ジャカルタ(15:40) 毎日運航 機材:Boeing787-8
NH856 ジャカルタ(21:25)→羽田(07:10+1) 毎日運航 機材:Boeing787-8

・羽田~シンガポール路線 (2014年3月30日より増便)
NH841 羽田(11:05)→シンガポール(17:20) 毎日運航 機材:Boeing787-8
NH842 シンガポール(11:50)→羽田(20:00+1) 毎日運航 機材:Boeing787-8

・羽田~バンコク路線 (2014年3月30日より増便)
NH847 羽田(10:50)→バンコク(15:25) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER
NH848 バンコク(10:25)→羽田(18:45) 毎日運航 機材:Boeing777-200ER

・羽田~ハノイ路線 (2014年3月30日より増便)
NH857 羽田(08:55)→ハノイ(12:05) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER
NH848 ハノイ(14:00)→羽田(21:05) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER

・羽田~マニラ路線 (2014年3月30日より増便)
NH869 羽田(09:55)→マニラ(13:30) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER
NH870 マニラ(14:40)→羽田(19:55) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER

・羽田~ソウル(金浦) (2014年3月30日より便名変更と発着時間変更)
NH1167 羽田(20:05)→ソウル(22:25) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER
NH1160 ソウル(07:40)→羽田(09:50) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER

【成田空港発着】

・成田~ロンドン路線 (自社運航便は2014年3月29日で運航終了)
NH201/NH202

・成田~パリ路線 (2014年3月30日より発着時間変更)
NH205 成田(13:55)→パリ(19:25) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER
NH206 パリ(17:30)→成田(12:10+1) 毎日運航 機材:Boeing777-300ER

・成田~フランクフルト路線 (2014年3月29日で運航終了)
NH209/NH210

・成田~ミュンヘン路線 (2014年3月29日で運航終了)
NH207/NH208

・成田~デュッセンドルフ路線 (2014年3月30日運航開始)
NH941 成田(11:00)→デュッセンドルフ(16:00) 毎日運航 機材:Boeing787-8
NH942 デュッセンドルフ(18:35)→成田(13:00+1) 毎日運航 機材:Boeing787-8

・成田~ジャカルタ路線 (2014年3月30日より便名変更と発着時間変更)
NH835 成田(17:40)→ジャカルタ(23:30) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER
NH836 ジャカルタ(06:25)→成田(15:55+1) 毎日運航 機材:Boeing767-300ER

・成田~シンガポール路線 (2014年3月29日で以下の便を運航終了)
NH111/NH902

・成田~バンコク路線 (2014年3月29日で以下の便を運航終了)
NH953/NH916

北京路線についてはまだ調整中とのことですが、他はこれでほぼ確定のようです。

結局、もともと客単価が最も大きい欧州路線のほとんど全てを羽田へもってくることで、利便性を付加価値にさらに運賃を値上げして利益を上げようという戦略のようです。運賃が上がるにもかかわらず機材は客席数を増加させたBoeing787の活用することでBoeing777と比較しても運航コストはかなり下がりますので、そこまで経営努力をしなくてもかなりの利益を上げられるはずです。CA全員を正社員にするための人件費はこの会社の経営にかなり大きく影響しているようですね。

ご存知の通り羽田国際線昼間時間帯の発着枠を、JALが一便も取ることができなかったことから、報道ではまるでANAの一人勝ちのように報道されています。しかし今回のスケジュール発表はおおかた管理人の予想通りでした。単純に客単価だけで考えたかなり偏りのあるスケジュールなので、これがどこまで利用客の支持を得られるかは未知数ではないでしょうか。

この展開に対してJALがどのように出るのかが見ものですね。今後もしっかりと追っていきます。

次回はANAに追従してダイヤ変更を相次いで発表している欧州系キャリアのスケジュール変更についてご紹介しましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

[Trip Reports] SQ632 Singapore-Haneda (02/2016)

[Trip Reports] SQ635 Haneda-Singapore (02/2016)

シンガポール航空の新造機材が来日