日本で見れない旅客機(21)


【Reg】G-XLEC
【Aircraft】AirbusA380-841
【Engine】Trent970
【Cabin】469(F14/C97/PY55/Y303)
【Operator】ブリティッシュ・エアウェイズ(BA/BAW)
【Place】Heathrow Airport(LHR/EGLL)
【Date】2013年10月

本年導入されたばかりのブリティッシュ・エアウェイズのエアバスA380。

他のヨーロッパのエアラインとは異なり、これまでブリティッシュ・エアウェイズは大型機についてはボーイング機のみを購入してきたが、この機材の導入でついにその原則が崩れることとなった。

ブリテイッシュ・エアウェイズらしくこの次期フラッグシップは内外ともに地味で落ち着いていて、導入時も他機種と同様にあまり派手なイベントは行われなかった。

初号機(G-XLEA)の導入当初はロンドン~フランクフルト路線で慣熟飛行を行ったが、2013年9月より長距離路線にて本格運航を開始。Boeing747からロンドン~香港路線、ロンドン~ヨハネスブルク路線、ロンドン~ロサンゼルス路線を引き継ぎ、活躍する。

機内は4クラス469席仕様。当然ながらジャンボより座席定員は増えている。ブリテイッシュ・エアウェイズ仕様では、シンガポール航空と同様にアッパーデッキへもエコノミークラスを配置する。なおシートそのものは、全クラスともBoeing777-300ERや改修済みのBoeing777-200ERと同様のものを装備する。

現在のところ、同機の日本路線への就航予定はない。日本~英国間の需要は長期的に落ち込んでいるので、オリンピックなどの特別イベントを除けば、今後も日本へ飛来する可能性は高くないだろう。

コメント

このブログの人気の投稿

[Trip Reports] SQ632 Singapore-Haneda (02/2016)

[Trip Reports] SQ635 Haneda-Singapore (02/2016)

シンガポール航空の新造機材が来日