シンガポール航空の新造機材が来日

シンガポール航空では以下の期間、シンガポール~成田路線(SQ637/SQ638)に新客室仕様のBoeing777-300ER型が投入されています。(日付は成田発着)
2013年10月11日(金)~14日(祝)、19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)

上記の日程の通り、既に4回来日しておりまして、10月12日(土)と10月14日(祝)にその様子を撮影してきましたのでご紹介しましょう。

新客室仕様のBoeing777-300ERは9V-SWUと9V-SWVの2機が投入されています。10月12日(土)には9V-SWV、10月14日(祝)には9V-SWUが飛来しました。

[9V-SWV]

まずは最初に飛来した9V-SWVから。この機材はBoeingから納入されたばかりの機材で、10月10日(木)発の成田行きSQ638が最初のフライトだったようです。

10月12日(土)、SQ638便の到着。

塗装は従来の機材と同一ですが、Wifiのアンテナが目立ちます。CBBのWifiサービスをやっていた、かつての9V-SWAを思い出しますね。この日は定刻より20分早着、使用滑走路はRWY16Rでした。


続いて同日の折り返し便、SQ637の出発。この日は天気も良好で、良い写真を撮ることができました。


[9V-SWU]

続いて9V-SWUの姿を。こちらは9V-SWVに先行して2013年9月下旬に納入され、シンガポール~ロンドン路線に投入されておりました。路線就航後、最初はSQ318でロンドンへ飛び、SQ319で折り返すスケジュールでしたが、10月の2週目からは、SQ306とSQ319の組み合わせに変更されています。

ロンドン路線に投入されているため成田路線への投入はないかと思っていましたが、10月13日(日)にシンガポールで9V-SWVと運用を交代したようで、9V-SWUも来日してくれました。

10月14日(祝)、SQ638便の到着。

この日も20分の早着、使用滑走路はRWY34Lでした。運航開始してまだ間もないため、機体はピカピカです。


続いて、同日の折り返し便、SQ637。



なお、これらの機材の客室仕様については、以前ご紹介したとおり(http://ja731a.blog92.fc2.com/blog-entry-401.html)です。座席のデザインはこれまでとあまり変わりませんが、細かい機能やIFEまわりは大幅に改良されているようです。

上記の機材については、遅くとも来年の夏休みまでには搭乗する予定です。搭乗次第新客室について、しっかりリポートしますので、どうぞお楽しみに。

コメント

このブログの人気の投稿

[Trip Reports] SQ632 Singapore-Haneda (02/2016)

[Trip Reports] SQ635 Haneda-Singapore (02/2016)